富永啓生 日本バスケ界の救世主!NBAに最も近い大学生の本音に迫る!

富永啓生 日本バスケ界の救世主!NBAに最も近い大学生の本音に迫る!

東海地方ゆかりのアスリートの本音を探る『アスリートの本音』
今回はバスケットボールの富永啓生選手。

東京五輪では3人制バスケ「3X3」に出場し、驚異的なロングシュートの精度を武器に得点を量産。チーム最多となる8試合55得点を記録し、決勝トーナメント進出へと導いた日本が誇る怪物シューター。

そんな日本バスケ界の次世代エースが所属するアメリカ・ネブラスカ大学での生活は?
アメリカ大学バスケの中でも屈指のレベルを誇るリーグBIG10カンファレンスで感じたこととは?
「自分の中の全てが変わった場所」と話す母校・桜丘高校で語った将来の夢。

そして2024パリオリンピックでの5人制への挑戦について。
富永選手の地元、愛知県名古屋市の自宅と慣れ親しんだ母校で自らの本音を話してくれました。
(2022年5月21、22日収録)

【プロフィール】
2001年2月1日 愛知県名古屋市出身 ネブラスカ大学所属
身長188cm ポジションPG
元バスケットボール日本代表の父と実業団選手だった母を両親に持ち、幼少期からバスケットボールを始める。
桜丘高校3年時の冬の全国大会ウインターカップでは平均39.8得点をマークし大会得点王に輝く。
アメリカの短大レンジャーカレッジに進学し、1年目ではリーグ新人王を獲得。
東京オリンピックでは3人制バスケ「3X3」に出場。
チーム最多の8試合55得点をマークし日本を決勝トーナメントに導く。
現在はアメリカの4年制大学ネブラスカ大学に所属。

【質問事項】
00:00 OP
00:35 東京オリンピックはどんな大会でしたか?
01:50 今住んでいるリンカーンはどうですか?
02:27 ネブラスカ大学の練習は厳しい?
02:47 アメリカの大学リーグで感じたことは?
03:12アメリカに行って感じたことは?
03:54 休日の過ごし方は?
04:29 帰国してから料理をしているそうですが?
05:33 1年ぶりの母校はどうですか?
05:57 桜丘高校は自分にとってどんな場所?
06:28 5人制への挑戦について
07:02 将来の夢は?

#富永啓生 #バスケ #東京オリンピック #東京五輪
#3X3 #日本代表 #アスリート #オリンピック
#スポーツ #和製カリー #3Pシュート #名古屋
#NCAA #BIG10 #CBC

スポーツ全般カテゴリの最新記事