番外編 A totally different way of holding the Olympics オリンピックを国際運動会に

番外編 A totally different way of holding the Olympics オリンピックを国際運動会に

番外編 A totally different way of holding the Olympics オリンピックを国際運動会に

いつもは英語の学習法や英語の仕組み、英単語の学習法、など英会話上達、学習法についての動画を配信していますが、今回は番外編として、私Shiroについてちょっと知ってもらおうと思ってこの動画の配信を決めました。私のアメリカ人の親友との雑談です。全編100%英語です。

2020東京オリンピック、パラリンピックも終わりましたが、オリンピックについての私のちょっとバカな考えを聞いていただければと思います。何をアホなことを言っているの、とお叱りを受けるかもしれませんが、こんなことも考えるヤツなんだ、と思っていただけるだけでも幸いです。
私どものポリシーとして、日本語の字幕など一切入れませんが、どうぞご容赦ください。

This is an excerpt from our discussion about the Olympics. I was probably a bit offbeat in it, but if you could watch us talking about my whacky idea about how the Olympics should be put together till the end, I would really appreciate it. Special thanks to my best friend who patiently listened to my two cents worth.

Shiroの英会話なるほど講座など様々な特典を無料で得られるSELF English School LINE 公式アカウント 詳細は
https://eigomanabou.nativebuster.com/pages/self-english-school-line

全700レッスン以上の基礎英単語だけに特化した16ヶ月の中上級者向けオンラインコース、日本人英語を卒業してとことん自然な英会話力を身につける。以下のサイトからどうぞ
https://eigomanabou.nativebuster.com/

学校英語をぶっ壊す
英語を英語らしく話すために、まず英語の発想を身につける。英会話上達に悩まれる方への気づきとコツ。

私たち日本人のほとんどが中学、高校で英語を6年間学習しますが、それで英語が話せるようになる人はほとんどゼロといっても過言ではありません。そればかりか、その6年間で間違った英語学習の仕方を植え付けられます。和文英訳、英文和訳、必要以上に難しく教わる英文法、英単語の無意味な暗記。結果、日本人の多くが、日本人にしか通じないような英語(?)を話してしまいます。日本語の考え方で英語を話してしまうからです。
英語には英語の、日本語には日本語の発想があり、その発想の違いを理解しないで、英語を詰め込もうとすることに無理があるのです。
英会話学校に通っても、それまで植えつけられた和文英訳英語、日本語的発想で英語を話すことからなかなか抜けられないので、思うように効果が上がりません。
一度、じっくり英語と日本語の発想の違いを理解して、英語の発想で英語を話すということが具体的にどういうことなのか、理解し、英語の発想で英語を話そうとする練習をすることが必要です。そうすれば、日本人の英語力は今の何倍にも上達することを私は身をもって体験しております。その方法をここに紹介します。
英語の発想が理解できれば、なんだ、そんな簡単なことか、と驚くことでしょう。英語の話し方とタイトルにあります。このビデオ講座があなたの英語力を根本から改造するお役に立てば、と心より願っております。
オフィシャルサイトは
http://eigomanabou.nativebuster.com
ブログは
http://eigomanabou.sakura.ne.jp/db/?page_id=1981
Facebook 英会話ガンバルぞー倶楽部
https://www.facebook.com/eikaiwaganbaruzo

スポーツ全般カテゴリの最新記事