新田祐大 ”MAKE it HAPPEN” ~LEGACY~ 東京オリンピック自転車トラック競技日本代表

新田祐大 ”MAKE it HAPPEN” ~LEGACY~ 東京オリンピック自転車トラック競技日本代表

「問い続ける」
自転車に関わったきっかけは、地元(福島県会津若松)で、子どもの頃に手段として使えるものが歩きか自転車しかなかったこと。速く移動出来る手段として自転車を選んだ。

1998年に長野オリンピック、後に自転車選手として大成する新田に転機が訪れた。テレビを観て、スポーツの凄さと圧倒的な迫力を感じオリンピックに魅せられる。 小学校4年生の時にマウンテンバイクを始め、いつしかトラック競技へとのめり込んでいった。

自転車競技を自分でやると決めた以上、「絶対に逃げ出さない」「絶対にブレない」というのは新田の信念。 「人を巻き込む環境下でやっている以上、自分のために動いてくれている人たちの為にもプロジェクトを遂行する」そう述べる新田は、周囲のサポートにも強く背中を押されるようになった。

これまで様々なメダルの獲得歴を誇る東京オリンピックトラック競技日本代表選手の最年長は、努力を続けるために必要なことは「問い続けること」と語る。

競技人生の集大成となる東京オリンピックを目指す新田の足跡、LEGACYとして後世に繋げる。

トラック競技日本代表応援特設サイト:
https://morecadence.jp/makeithappen/

新田選手特別ページ:

新田祐大

応援キャンペーンも実施中:

CadenceChallenge2021

#自転車トラック競技
#新田祐大
#TOKYO2020
#KEIRIN
#競輪
#TRACKCYCLING
#日本代表
#MAKEITHAPPEN

スポーツ全般カテゴリの最新記事