【北京オリンピック】フィギュアスケート女子 坂本花織の銅メダルに批判殺到。許せない(ワリエワ ドーピング 北京五輪 ハイライト 動画 配信 号泣 自己ベスト)

【北京オリンピック】フィギュアスケート女子 坂本花織の銅メダルに批判殺到。許せない(ワリエワ ドーピング 北京五輪 ハイライト 動画 配信 号泣 自己ベスト)

#北京オリンピック #フィギュアスケート #坂本花織 #ワリエワ
【フィギュア】坂本花織が銅メダル、自己新233・13点で浅田真央以来4人目の日本女子表彰台

<フィギュアスケート:北京オリンピック(五輪)>◇17日◇首都体育館◇女子フリー

坂本花織(21=シスメックス)が銅メダルを獲得した。フリーで自己ベストの153・29点を出し、合計233・13点をマークした。2010年バンクーバー大会銀メダルの浅田真央以来4人目の日本女子表彰台に立った。

【写真】演技後、顔を覆うワリエワ

18年平昌五輪6位入賞から大きく成長した姿を披露した。金メダルはアンナ・シェルバコワ(ROC)、銀メダルはアレクサンドラ・トルソワ(ROC)が獲得。ドーピング違反騒動に揺れる15歳、カミラ・ワリエワROC)は4位だった。

「打倒ロシア」を掲げて臨んだ今大会、坂本はショートプログラム(SP)では3位。ワリエワ、シェルバコワ、トルソワのROC勢の中に割って入った。フリーでも完成度の高い演技を次々と見せた。

直前のトルソワが衝撃的な得点を出して会場がわく中でのフリー演技。冒頭で流れのあるダブルアクセルを着氷。3回転ルッツもなめらか。3回転フリップからの連続ジャンプ、3回転サルコーも危なげない。連続3回転ジャンプは後半のトーループに高さがあり、3連続ジャンプも安定感抜群だった。

最後の3回転ループも含めてジャンプは全て成功。高さとスピードある演技。終えた後は静かなガッツポーズをみせた。

銅メダルを獲得した団体戦、そして個人。ワリエワのドーピング問題により、SP、フリー最終グループが練習から騒がしい中、坂本が懸命にやり抜いた。神戸野田高2年だった4年前、平昌五輪の団体戦出場後には体に異変が生まれた。 過度なストレスから急性の胃腸炎を発症。救急搬送され、個人戦に間に合わせるのが精いっぱいだった。今大会のSP後に笑った。

「4年前と全然違うのは、団体から個人まで1回も病気せず、健康に過ごせたのがでかい(大きい)。パワーは絶対に、4年前よりも出ていると思います」

平昌五輪翌シーズンは全日本選手権で優勝。だが、19~20年シーズンは同選手権で6位に沈み、全て順調に進んできた訳ではない。

「トレーニングがきつかったり、毎日『練習疲れた~。いつまで続くんだろう』っていうのを思っていました。でも、試合で笑って終われた時は『あの苦しさがあったからこそ、笑えるんだな』って感じた。そこからは追い込めば追い込むほど、自分が満足した結果を出せると思えました」 コロナ禍を経て、復活した昨季。そして全日本女王に返り咲いた今季。坂本は五輪に成長の跡を記した。【松本航】
https://news.yahoo.co.jp/articles/5224eb91061f675cafbe3c0c2b72fb66a9c2d8b5

関連

https://youtu.be/DLi08n8P-x0

スポーツ全般カテゴリの最新記事