2020年東京でオリンピックを! 1964年東京オリンピックの思い出

2020年東京でオリンピックを! 1964年東京オリンピックの思い出

0

「2020年あなたは感動の中に」

「区内で中華料理店を営む鈴木さんは、1964年の東京オリンピックに特別な思い出があります。陸上競技の経験を買われ、聖火ランナーの伴走者に選ばれたのです」

「たまたま陸上をやってて、通知が来て、これはすごいなってびっくりしたんですよ」

「どんな気持ちでしたか?」

「沿道がねもう見たことがないような人がね、道の両脇に。着いた時にはワーと歓声が上がってすごかったですよ。聖火台に点火するときにもう泣けてました。本当に、感動!やっぱりオリンピックっていいなあと思いました」

「一番印象に残っているのは?」

「そうそうたるメンバー。マラソンでは円谷選手、君原選手、宇佐美選手。100メートルでは飯島選手。直にすぐ近くに見れて本当に興奮しましたよ」

「この経験は鈴木さんの人生で大きな自信となりました」

「会社でも英雄になっちゃってね。大変だったんですよ…これから仕事も頑張っていば何とかなるかなと。だから、子どもたちにも頑張りなさいよって言ってあげてます」

「2020年東京オリンピック開催に期待しますか?」

「日本もあまり経済がよくないから、招致して盛り上げていかないと。国民みんながね」

「皆さんのオリンピックへの期待が招致の決め手です」

区長「私も聖火ランナーの雄姿に手を振った一人です。もう一度手を振ってみたいです。2020年東京オリンピック・パラリンピック、実現させましょう!」

スポーツ全般カテゴリの最新記事